「本場結城紬について 思うこと」

まもなく 師走

最近の京都は 少し
冷え込んできましたが

まだ 冬物のコートを着るには
ちょっとだけ早い気がする 気温

こんな時に 活躍するのが

結城紬と 羽織に

カシミヤのショール という組み合わせ

羽織 結城紬

お部屋の中で お外の恰好して
ゴメンナサイ

本日も おひとり様で
淋しく自撮り だったもので

お洋服でも 真冬の
ファー付きコートは

まだ早いかな~って時

中のセーターを暖かいものに
替えたりしますでしょ

それと一緒♪

真綿は 同じ絹でも
やっぱり暖かい

そして 真綿の中でも
さらに 手織りの中でも
地機のものは 格別なんです

科学的な証明をした訳では
ないのですが

打ち込みの時

経糸と緯糸の あそびが
きっと 絶妙なバランスで

空気を包み込むように
一緒に織ってる って感じ

だから
縦糸が同じテンションの
高機の手織りより

ふわっとして 軽くって

温かいのだ! と 個人的には

解釈しております。

まぁ 織元さんによっても
織手さんによっても

同じ地機の結城紬なのに
全然 着心地が違うので

一概には 言えないのですけどね

ご興味がある方は
ぜひ 直接ご連絡くださいませ~
着物談義 致しましょ♪

さて 本日の結城紬は

透明感のある 桜鼠地に
白の 重ね格子柄の地機

honba_yukitumugi-koushi

分かります?

真綿ならではの
産毛みたいなモハモハが
少し薄れ 光沢が出てきているの

先日 一回目の洗張り

を しました

最初の頃の

裾のもたつきなどは 解消され
さらに着心地UP  でございます

合わせましたのは

塩瀬の 花唐草名古屋帯

honba_yukitsumugi-pink

帯揚げ は
鶸色の 縮緬市松ぼかしと
いつもの龍工房の 帯締め

これから 3月の上旬くらいまでは
出番が多くなりそうなお着物です。

三女こと
小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén