「冬時期のコートについて…」

雪のあとの 晴天は

空気が澄んで

気持ちが良い のですが

やはり寒い…

この時期のコートは

カシミヤコート 着物用 キャメル

カシミヤ 100%
のコチラのコート

何処を探しても
機能的で 販売価格に釣り合う
良質なモノ が無いので

お洋服のオートクチュールが専門の
お店に お洋服でも着られるように
1から 誂えて戴きました

着物は襟足が 寒いのと
コートを着脱する場面て

玄関先だったり
クロークから受け取って急いで とか
お見送りの方に見守られながら…

といった 慌ただしい場面が
多くございません?

ですから

脱ぎ着が簡単で
直ぐに外に出られて
荷物も少なく
寒くない!!

が作るときの 私の条件

こちらのキャメルは
すっぽりと隠れる
スタンドカラー

何もしなくても
ボタンを留めるだけで

顎のところで 自然に流れる
さりげない シルエット

ですので

薄手のシルクの首巻きや
小さな毛皮の首巻きがあれば
十分温かく

それくらいなら 外に出てから
荷物を持っていても
簡単に巻けます♪

うち合わせは
ダブルになっておりますが

内ボタンは 首元1箇所で
シルエットが保てるようになっており

お袖は 生地をたっぷりと使い
ラグランにして 袂が自然と収まり

ドレープは美しく
でも スッキリするように

ボタンは 少し
大きめの同色の 水牛

裏地はもちろん シルクで
淡いピンクベージュ

カシミヤコート 裏地 絹
だって せっかく全て
絹を纏っているのに

裏地が 化繊だなんて…

お洋服の世界にいた時も
思ってたんです。

せっかく良質のカシミヤコートで
最低でも30万円前後 はするのに

なんで 裏はキュプラなの?って

袖を通した時 ヒヤッとするのよね…

って

プレタですので コストを考えたら
仕方がないのですけれども

なので 作って戴きました!

こちらのコート は

裏地の色が選べるんです!

以前ご注文戴いた お客さまのは

キャメルのカシミヤに 薄いイエロー

黒地のカシミヤに 水色
黒地に 濃い目のピンク などなど

どれも素敵でしたよ♪

後ろのシルエットは
カシミヤコート ベージュ 着物

このようになっております。

黒地は 衿を
違う仕様で作っておりますので

また ご紹介させて頂きますね

お値段的には

伊那紬や三才山 士乎路紬
といった ちょっと良いクラスの
紬反物と一緒くらい

それで 裏がシルクの
良質なカシミヤコートが手に入るなら
決して高くないと 私は思います。

ご興味のある方は
お気軽に ご相談下さいませ~

製作期間は ご注文頂いてから
約 一ヶ月半でございます

そして
本日のコートの中身は
染替え 着物
以前もご紹介した

染め替えた 縞御召
と縮緬地の瑞雲柄名古屋帯

帯揚に 最近よく登場する

金茶と薄小豆のぼかしを

金茶メインに出して

帯締めは白地にブルーが効いた
龍工房さんのモノ

お太鼓の柄は

タレを無地で 仕立てております

金曜日には また
雪だとか…

皆さまも暖かくして
お出掛けくださいませ

三女コト
小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén