「附下小紋 と Komono」

晴れたら着よう!

と 思っていたキモノを
着てみました

附下小紋 伊勢型短冊

あっ… 朝 アイロン掛けたのに…
正座の仕方が悪かったようです(^-^;

スミマセン

月初に登場した 伊勢型短冊の
附下小紋 でございます。

だいぶ マニアックな着物でして
良さが 分かりづらい…

よく見て戴くと

衿 前 後 脇 衽 と
メインになる 全ての柄が
繋がるように染めてあり

見る人が見ると

「へぇ~ 随分と手の込んだ着物やね~」

と云った ところが 面白くて
仕立てました

合わせたのは 藤鼡地の
覗き唐花の帯

前柄が 単色濃淡唐草だけですので

名古屋帯 塩瀬 覗き唐花
帯揚げに 薄鶸ぼかし
帯締めを 同じく鶸の冠組

こちらの冠組は 細組ですので
今日は あえての二列 にして
着つけております。

最近 Komono 難民…

あちこち 仕入れに廻っても
似たような色と 組み合わせばかりで

欲する発色の色 と 組み合わせ に
なかなか 出会えません…

いつも どこか 惜しい…

そんなに難しいところは
狙ってないのですけれどね~

こだわりは

透明感 と 品格 そして
使用頻度の高い 絶妙な色の組合せ

今回 出会えたのは
一社で コチラの三本
帯締め 龍工房
早い者勝ちでございます

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén