「黄金繭 クリキュラの帯」

 

本日も 快晴の京都

 

 

 

白練色の 飛び柄小紋 と合わせたのは

夢訪庵さんの 「銀杏」の帯
名古屋帯 クリキュラ 黄金繭 銀杏
黄金繭 クリキュラ100% の
座繰糸を使用し 丁寧に
織られた帯地

そこに これまた丁寧に

たっぷりと 「銀杏」の刺繍が

されております。

 

 

 

通常 野蚕糸系の帯 には

本日のような 綸子がかった柔らかモノは
合わせづらいのですが

コチラの帯地は

糸がとても 細く繊細で

なんとも云えない
上品な 光沢があり

また

天然だからこそ 出てくる
糸の色ムラを 計算し
配列し 織らた生地は

光の加減で ほんのり
ピンクがかった ベージュにも
ゴールドにも みえ

その 一見
不可能に思える コーディネートを
可能に してくれているように
思います

 

 

 

合わせた小物は
飛び柄小紋 環 クリキュラ名古屋帯 銀杏 
ときがら茶色の 帯揚げに

昨日と同じ
鶸と卵色の 縫い合せ帯締め

 

 

これからの季節

紬 に 柔らかモノに

大活躍の予感 ♪

 

 

 

 

本日着ている
小紋といい 帯といい

 

コチラの 品格まで
あがったかのような
気に させてくれる

あとは 中身を

見合うように
あげてゆくのみ!!

 

 

これだから キモノは
やめらません(笑)

 

 

 

 

小宮 たつみ


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén