「花街の節分 お化け」

 

毎年 楽しみに
お伺いする

花街の お化け

 

元々 節分時期のお化けとは
普段と違った格好を することで
鬼に気づかれずに やり過ごす

仮装した衣装 や 化粧を脱ぎ捨てる時に
自身の厄を落とす

という意味があるのだそう

 

 

 

今年も 宮川町へお伺いし

 

美味しい
お料理を戴きまして
宮川町 お化け 2018
しばらくすると
いらしたのは

 

宮川町 お化け 2018 小扇さん 弥千穂さん
芸妓 小扇さん 芸妓 弥千穂さん

 

 

今年は 演者さんとして
復活!!

嬉しかったぁ~

 

 

 

そして
宮川町 お化け 2018 小凜さん 小梅さん
芸妓 小凜さんと 昨年
衿替えしはった
芸妓 小梅さん

 

芸妓さんに なって
初めて お目にかかる
お姿が お化けの衣裳…

うーーん 相変わらず
可愛らしい けれど

 

お姉さんに なった姿も
ちゃんと 見に来なければ

 

 

 

続いて いらしてくださったのは
宮川町 お化け 2018 とし夏菜さん とし真菜さん
芸妓 とし夏菜さん と 芸妓 とし真菜さん
の 犬の…恩返し

 

 

それから
宮川町 お化け 2018 ふく紘さん ふく愛さん
芸妓 ふく紘さん と 芸妓 ふく愛さん
の 団子売

 

 

最後に
宮川町 お化け 2018 小ふくさん ふく鈴さん
芸妓 小ふくさん と 芸妓 ふく鈴さん

 

 

 

今年は 五組
宮川町お化け 2018

皆さん 趣向を凝らした
お化けさん達♪

大いに笑い
笑福 戴きました!

 

ありがとうございました。

 

 

伺ったのは 初日

3日間で 100件近く
廻られるのだとか!?

大変だぁ~(*_*)

 

 

 

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén