「絞りの小紋 に 文箱」

 

午前中に ある程度
用を済ませ

 

少し 時間がとれたので
スタッフに 店をお願いし

お客さまが お出になる

 

「北野をどり」へ
北野をどり2018

偶然にも 直前に
キャンセルが出た とかで

メッチャ 良いお席♪
北野をどり2018
ココ 上七軒歌舞練場は
歴史も 古く
今では 貴重な
木造建築の 劇場で

 

入口を 入ると
上七軒歌舞練場
鯉が お出迎え
上七軒歌舞練場
風情が ございます

 

 

今年の 演目は
北野さんに ちなみ

とっても 愛らしく
楽しく 美しいモノでした♪

 

 

 

 

また ちょうど
お天気も 良く
本日は 柔らかモノ
名古屋帯 文箱 絞り小紋 白練り 環
白練り色の 飛び絞り小紋
文箱の帯

を 着ておりました。

 

 

昨日の 暖かさで
京都の桜も 一気に

あちらこちらで
開花となり

桜でない帯 をの選択

 

 

合わせた小物は
絞り小紋 環 名古屋帯 文箱
オリジナル帯揚げ「一斤(いっこん)」
唐組

 

帯揚げを 馴染ませて
帯 と 帯締め に

アクセントを 持ってきた

装い でございます。

 

 

偶然とはいえ
良いお席を ご案内
戴いた時には

「あ~ 華やかなモノを
着ていて 良かったぁ~」

と 思わず胸を
撫でおろした 次第でして

 

 

やはり 身なりは
キモノに限らず

いつなん時に 備えて

日頃から ちゃんと
気をつけておくべき

だなぁ…と改めて

「大人の嗜み」

みたいなものを
感じたのでございます。

 

ちゃんと 大人にならなきゃ(;^_^A
(外身に合わせて 中身をね)

 

 

週末には

宮川町 や 祇園町でも
春のおどりが はじまりますね

 

 

各街ごとに 色が違うも

楽しみの 1つ

でございますよ。

 

 

桜 に おどり

春の京都 を
楽しみましょ~♪

 

 

 

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén