「久留米絣 に 夏小物」

5月31日 京都

昨日より 数度高い
24℃ 曇り ですが
午後から 雷雨 な予報

 

 

体感としては 確実に
本日の方が 肌寒く

綿麻のキモノ や
自然布の帯 ましてや
夏帯なども する気に
なりません。

 

 

そこで 袖を通したのは
久留米絣 文人絣 伊予紬八寸 
通常の木綿 久留米絣 文人絣 と
比較的 薄手な八寸 伊予紬波筬

 

 

ただ 明日から6月と云う
このタイミングで

しかも 午後から
湿度もあがると 言われる中

肌寒いとはいえ 24℃予報

 

 

袷の時期にも着る
コチラのコーディネートで
塩瀬や楊柳の 衿 に
通常の小物 だと

チョッと 重たい気も
いたしましたので

 

衿は 絽半衿
小物も 昨日と同じ
組み合わせの 夏モノ

 

と いたし
清涼感を プラスして
バランスを 取ります。

 

 

こうして

5月も後半から
6月の前半にかけては

 

 

世の中が 机上論で仰る
小物や夏帯の
暦ルール ではなく

その日の 自身の体感を大切に
ルールに囚われず
逸脱せず の範囲で

 

快適に過ごしております。

 

 

 

ちなみに 襦袢は「麻」
肌着 裾除けも「麻」で
湿度対策

 

 

 

おそらく
皆さまも
これからの季節

悩まれるだろうな…と

何かの参考に なれば
幸いでございます。

 

 

 

そうそう 今朝
店に来る 途中

紫陽花 通勤道 京都
いつもの 通勤道の
紫陽花が 綺麗に
色づいて おりました!

 

確か 昨日も
通ったハズなのですが…

いかに 最近
心に余裕が無いかが
わかりますね(笑)

 

 

ただ 今日気づけたから
大丈夫!!

大地も心も 潤いチャージ
恵の雨と なりますように♪

 

 

本日は 定休日

となっておりますので
店は営業してないのですが

夕方には 事務処理を終え
京都BAL へ 伺える予定です。

 

 

何かあれば お気軽に
ご連絡くださいませ。

 

 

 

 

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén