「甦った 能登上布」

 

 

ちょうど 一年ほど前

お客さまから 持ち込まれた
ご相談品

 

 

縁あって ウチの子に
なったのだけれど

モノが 何かも分からず
シミだらけで
寸法も合ってないし

でも

とっても 着心地が良く って
柄も 気に入ってて…

どう思いますか??

そもそも 何?
直す価値ある??っと。

 

能登上布 相談時

お持ち込み時の キモノ

確かに 変色はひどく

でも

 

手触り的には 独特な
ヌメリが あって

 

麻だけれど

絹が入ってそうな
入って無さそうな…

 

どこかで 触ったことある
生地なような ないような…

 

はて??

 

確かに イマドキ

白地に藍の絣は
珍しし

 

「色柄 可愛い!!!」
「着心地 良さそう♪」

良い生地なのは 間違いない!!

 

 

でも このままでは
如何せん…

 

 

 

 

そこで 

まずは 正体を
突き止めなければ ですし

 

ひとまず お預かりして
私の信頼する

織の目利きの方 にも
見ていただくことに。

 

 

 

 

何故 信頼しているか
と 云うと 私の着ているモノ

 

証紙がないと その織の
所謂 代表的な
色や柄とかではない ので

一見 わかりづらいモノが
多いのですが

 

 

その方は 私が着ていると

ご自身の所で 扱っていない
織元さん達のモノも

 

 

「おっ! リング懐かしいね」
「良い結城(地機) 着てますね」
「珍しい! 佐藤さんの藍だね」

 

っと いつも同じ感覚で
言い当てて くださるんです。

 

 

 

証紙が無くて
着物になった状態で
気づける方

残念ながら 業界でも
少ないんですよ

 

 

 

 

 

おっ とゴメンナサイ
話を 戻します!

 

 

 

 

 

その方に お見せしに行くと

 

 

「能登だね! 良い能登だ!!」
「この時代 糸良いんだよね~」
「雪晒し で綺麗になるよ」

 

と 間髪入れずに
仰って下さいました

能登上布 ご相談品

お預かり時の キモノ シミが出ています。

そうか 能登かぁ~!
そういえば 昔の能登って
こんなカンジの 手触りかも!!!

 

あ~ そうだ そうだ!

と 私の感覚も
次第に 戻ってきて

 

さすが です!

 

 

 

 

しかも 雪晒し

で 綺麗になるとは!!!

 

 

 

確かに 数年前

越後上布の
昔の 白地の反物を

雪晒し したら

見違えた!!のを
思い出しまして

 

 

そうかぁ~
能登も 雪晒ししたら
綺麗になるんだ!!!

と 目からウロコ(笑)

 

 

 

そこで

 

 

洗張り→

三月を待って 雪晒し→

ハギ入れてお仕立て と

 

 

手間も 金額も
掛かるのは 百も承知で

お客さまへ 状況報告と
仕立替えの おススメを。

 

 

 

 

色々と ご相談した結果
せっかくなので と
進めることになり

待つこと 半年…

 

 

三月を待って
雪晒しした 反物は

見違えるほど 白くなり

お預かり品 能登上布 雪晒し後

お預かりした 能登上布 雪晒し後

黄変シミは
いなくなりました♪

 

 

 

お客さまも 大感動~

で ございます。

 

 

 

そして いよいよ
お仕立て

 

 

お客さまの 本来の寸法
にするには 何処が
どれだけ 足りないか!?

を 再度計算し

 

実際に お客さまにも
キモノを着てきて戴いて

いつもの 紐の位置などを
細かく 信子はんに

確認して もらって…

 

 

そして 更に
待つこと 一ヶ月

 

 

仕立て上がったのが
コチラ

お預かり品 能登上布 ハギ有

お預かり品 能登上布 ハギ仕立て

ハギ箇所は 全部で
9箇所

 

 

昔の反物ですので
反巾も狭く
裄が 取れませんから

 

 

袖振り側の
縫い代巾に 合わせて
ハギを入れ

お預かり品 能登上布 裄ハギ

袖巾で ハギ

一見 分からないでしょ♪

 

 

 

身丈も 出そうな所は
地衿などの 見えない所の
共生地で ハギ

 

足りない布は
良質な 平織の麻襦袢を
別途 用意して
ハギました。

 

 

 

だって 折角コレだけ
良質な 能登上布を
仕立直す からには

ご自宅で 洗って
楽しんで 戴かなければ

意味が 無いデスモノ

 

 

 

 

 

金額的には 新反の
四分の一 くらいかかり

決っして お安い
お直しでは ございませんが

 

逆に云うと

 

4倍出しても
今は 手に入らない
ってコトでもあり

 

キモノ好きな
着る方へ…と
お譲り戴いた方の
想いも汲むと

ねっ。

 

 

 

その後 数日前
お客さまより

 

「着ましたよ~!」

「この着心地 改めて
手放さなくて 良かった」

「ハギの位置も 完璧!」

「明日 着て見せに行きます!」っと

 

無数の嬉しい
お言葉シャワー を戴き

 

あ~~ 良かったぁ
コチラこそ 嬉しい~!!

 

と やっと胸を撫で下し

幸せな気分に
浸るのでありました(笑)

 

 

 

 

皆さまも ご自宅に
諦めているモノ
ございませんか?

 

 

吉と出るか
凶と出るか

見てみないと
わかりませんが

 

まずは 諦めずに
見せてくださいませ

 

 

何か ご提案が
出来るかも 知れません。

 

 

 

 

小宮 たつみ より

追伸:
お客さまの ご了承を得て
ご紹介させて戴いております。


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2018 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén