「八寸名古屋帯 と 小物」

 

 

ひと雨ごとに 秋の気配が
深まりつつある 京都

 

 

朝晩 涼しく
夏帯の気配 ではなくなり…

 

着てきたキモノ は
綿ちぢみ 焦げ茶市松 八寸名古屋帯
先日の藤色と 色柄違いの
綿ちぢみ と 八寸名古屋帯

 

 

 

合せた小物は
綿ちぢみ 焦げ茶市松 八寸名古屋帯
帯揚げが 絽ちり
帯締めは ハッキリとした色目の
矢羽根 洋角組

 

襦袢は 麻
衿は 絽ちり

 

 

 

基本的に 衿や小物は

帯に準ずるのが
分かりやすいのですが

 

八寸名古屋帯 の場合

夏モノでも 袷モノでも
イケるので 

その時の 気候に合せて
使い分けています。

 

 

昔は 「重陽の節句を境に…」
などとも 申しましたが

 

本日の気温は 26℃
湿度も 高めでしたので

塩瀬の衿 や 袷の帯揚げでは
少し 重たいかな?
が 私の体感

 

 

ただし コレが
店の往復 だけでなく

夕方から お食事や観劇

と 云った場合でしたら

きっと

 

楊柳や塩瀬の 衿に
楊柳や袷の 帯揚げを

合せていたことでしょう。

 

 

まっ いずれにせよ
遅かれ早かれ

まもなく 9月も半ばに
なりますので そろそろ

半衿も小物も 衣替え

でございます。

 

 

 

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2018 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén