「10月1日 2日 の キモノ」

 

 

暦の上では 袷となる
10月1日の キモノ

 

今年は 台風一過となり
晴れたのは 良かったのですが
気温は 高め でしたので
単衣 小紋 松竹梅丸文 季節帯 ハロウィン
単衣の 飛び柄小紋
松竹梅丸文 に ハロウィン帯

 

風が強う ございましたので
紗の フルロングコートを羽織って

室町パトロール

 

 

 

2日目は
縮士乎路 縞格子  季節帯 あけび
縮士乎路 の縞格子 に
あけび帯

 

風も穏やか で
陽射しも ございましたので
紗の羽織 絵羽織 染分け疋田松葉
染分け疋田松葉 の紗羽織を着て
歩いておりました。

 

 

 

こういう キモノにしても
帯にしても 上モノにしても

ありそうでないモノ
を着ていると

 

モノづくりに
真摯に向き合ってらしゃる
取引先からは 必ず

「え~ 図案やね」
「え~ 仕事してはるね」
「ひとつ 聞いてもええ?」

 

と そして 製作する側として

 

こんな図案の時
どんな生地は どうアカン?
柄つけ位置は どうしてはる?
仕立ての際は どこで逃げはる?
(逃げる → 折り合いつける の意)

 

などなど 質問攻めになります(笑)

 

 

なので

こんな生地は やったことあるけど
〇〇には こうなるから むかん し

こうしたらイケるかな…って話して
やってもらってみた けど

今度は こうしてみようと思って

なんて 話をしていると

 

 

「やっぱり 小宮さんは オタクやね~www」

ってコトになる(笑)

 

 

 

けれど 私なんてマダマダ!!

いつも 教えを乞うコトばかり

 

 

 

でも 呉服屋は

染・織・仕立て・履物・小物

全体を 見渡せなければならず

 

その分 色々なモノを
見ているのは 事実なのかも
知れませんね。

 

 

だから お互い
わかるコトは 情報共有

 

 

より良いモノが
世に出る ために

 

 

 

 

 

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2018 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén