「羽織 について… 」

 

 

お江戸出張に 着ていた
単衣の 羽織

 

 

「全体が見たい!!」

 

との リクエストを
頂戴しましたので…

単衣羽織 古伊万里文様
瑠璃紺色 の絵羽織
古伊万里文様 でございます。

 

 

 

前から見ると
このように
絵羽羽織 古伊万里文様 単衣羽織

コート的役割が
大きいので 私の場合は

丈が 長め

 

 

道行も 好きなのですが

日常 着る時は

脱ぎ着が 多い為
着脱しやすい

「羽織」を

着るコトの方が 多いです

 

 

 

そして 意外と
「単衣羽織」が
重宝 いたします。

 

 

理由については
過去のblog
ご覧くださいませ。

 

 

 

そして 本日の
中の キモノは
変わり立枠 小紋 宝袋帯
変わり立枠の 小紋に
宝袋 の帯

 

 

小物は
小紋 変わり立枠 名古屋帯 宝袋 
オリジナル帯揚げ「沈香(ちんこう)」に
三井寺

 

 

昨日の 洋角組で混乱

を 解明すべく 平組(笑)

な 選択

 

 

 

まもなく 11月

弊店も 五年目を迎えます。

まだまだ 行き届かない点が
あるコトと存じますが

これからも どうぞ
宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

ちなみに 私の着ているモノは
色違い 柄変更にて
別誂え 承れますので

何なりと お尋ねくださいませ。

 

 

 

 

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2018 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén