「本場結城紬 と 花倉織」

本日の京都は 晴れ

11℃ ながらも

陽射しが届いて 穏やかです。

せっかく晴れたので

柔らかモノ♪ といきたい所

では ございますが

夜から 吉田さん詣で へ

行く予定ですので

寒さ対策!!(笑)

本場結城紬 重ね格子 名古屋帯 花倉織

灰桜色の 本場結城紬

花倉織 の帯

合わせた小物は

オリジナル帯揚げ「 赭土(そおに)」 に

白地の 貝ノ口亀甲帯締め

それにしても コチラの色の

本場結城紬は 人気ですねぇ~

どうやら 皆さま

密かに 狙っている模様…^m^

この度の mini會でも

もしかして 柄違いを

見られるのでは??

と 会場を見渡し…

「… ある?」っと。

え~っ 持って来てませんから~

だから 呟いて!って

言ったのにぃ~(>_<)

的な会話が 幾度かございました(笑)

あのね 皆さま

今買えない とか

私には まだ早い…とか

そんなの 関係ないのですよ!!!

そりゃ~ 欲しいから持って来て~ って

買ってくださるのなら 商売ですから

そんなに 嬉しい話は 無いですけれど(笑)

でもね、

そもそも 見て触れてみなければ

おいどが ムズムズするくらい

欲しくなるかどうかも

分からないのです!!!

それは 結城に限らず

礼装でも 小紋でも

帯でも 同じで

せっかく お時間つくって

お出まし戴くのですもの

「見るだけ 見てみたい!!」

っと 気楽に

呟いてくださいませね。

京都店へ お越しの際も

遠慮せず

「こんなんあったら

見てみたいなぁ~なんて

思ってるんだけどぉ…」と

ぜひ 呟いてみてくださいませ。

その時 希望のモノが

ご用意できるかどうかは

わかりませんが 何かしら

今後のヒントになるモノ は

ご覧入れられるかと 存じます。

そして ご覧になってみて

おいどが ムズムズするくらい

欲しくなって しまったら

その時 どうするか

一緒に 考えましょ♪

値の張るモノを

扱わせて戴いてるからこそ

正直に 気楽に

言い合える 店でありたい

と 思っております。

小宮 たつみ 拝


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén