「袋帯 有職唐太鼓文」

先日 刺繍の附下

合わせた 袋帯は

袋帯 有職唐太鼓文
袋帯 「有職唐太鼓文」

白地に

白 薄鼡 薄山葵 淡黄色 で

有職文様が 織り出されたモノ

どのお色も 透き通るような

透明感 を纏い

唐織の部分は たっぷりと

波打つように 糸を浮かせることで

柄に奥ゆき を出し

自然光でも ライトの下でも

光と影を 自在に操り

着手を 美しく魅せてくれます

袋帯 有職唐太鼓文

そして 何より

「軽い!!!」

おそらく 皆さまが

一般的に 御周知の

袋帯の重さと比べると

半分以下

金銀の入った 礼装小物を

合わせれば

訪問着や 附下 色無地にも

合わせていただけて

金銀の入っていない

軽めの小物を 合わせると

飛び柄小紋や 無地紬まで

正統派だけれど

でも どこか違う

白地の 袋帯をお探しの方

おススメ です。

価格などは お気軽に

お問合せくださいませ

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén