「有職雛飾り」

先日 茜染めを着て

向かった先は

源鳳院 京都
岡崎 源鳳院

山科家の別邸だった 源鳳院さま

今回は 予定が重なり

講演には 伺えないものの

お雛様たち だけでも

拝見させて頂けると伺い…

いそいそと お出かけした次第(笑)

大広間 いっぱいに

飾られた お雛さま達 は

どれも 素晴らしいモノばかり

有職雛 を中心に

立雛 寛永雛 享保雛 古今雛 も

飾れており

しかも!?

公家や大名の愛した「有職雛」は

「寛永雛」や「古今雛」と

眉毛も お衣裳も違う って

知ってました?

聞けば聞くほど 奥が深く…

知ってから 愛でると

その違いが また 面白く

好みが 分かれるところ

なのかも 知れません。

今回は 貴重なお道具も

一部 飾られており

中でも 珍しかったのが

雅楽の 「五人囃子」と

本物の baby蛤 で作られた

「貝桶 と 貝合わせ」

そして 豪華な「犬筥(いぬばこ)」

犬筥 いぬばこ お雛さま飾り
有職雛 と 犬筥

ホント 素晴らしいモノばかりでした。

山科さま 貴重なお時間を

お付き合い頂きまして

ありがとうございました。

さて 教えていただいたコトを

忘れぬうちに 来年の

お雛様帯 考えなきゃ♪

小宮 たつみ より

追伸:今回の写真も

山科様のご了承を得て

掲載させて頂いております。


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén