「出張キモノ 4日分」

今回の お江戸出張は

3泊4日 だったのですが

天候 気温共に 定まらず…

何をどおして 良いのやら(@_@。

とりあえず 出発の日の

京都は 雨

お江戸は 曇り

気温は 両方低め と云うコトで

雨コート 出張キモノ

雨コートを着て…中は

袷の羽織 出張キモノ

袷の 羽織

キモノは 道中 仮に汚れても

目立たないように

染め紬 雪持ち柳 名古屋帯 桜
初日

雪持ち柳の 染め紬小紋

桜の帯

2日目は

地機紬 多色格子紬 名古屋帯 手織り 天平美人図
2日目

真綿の 多色格子紬 天平美人図の帯

3日目は

午後イチで 染工場へ伺い

夜 落語 → お食事会

と云う スケジュールでしたので

この日も 多少

汚れても気にしなくて済む

染め紬 雪持ち柳 名古屋帯 天平美人図
3日目

雪持ち柳の 染め紬小紋

天平美人図の帯

最終日は 午後から

京都店で 着付けのお稽古もあり

本当は 多色格子の紬を

着る予定 でしたが

体調と相談し

キモノは同じ 雪持ち柳 にして

染め紬 雪持ち柳 名古屋帯 桜  季節帯
4日目

桜の帯 を締め 移動

小物は 着て行った時のモノを含め

帯揚げ 3枚

帯締め 4本 を用意し

その日の 気分で決めたので

並べて観ると…

こんなカンジ

また、雨コートと 羽織は

その場の気温と 天気

移動距離で 使い分けておりました。

ご旅行などで 数日分

キモノを 用意する際は

キモノは 綺麗色 と

多少汚れても目立たないモノ

(旅行目的によっては 木綿とかね)

そして 小物を

ちょっと多めに 持ってゆくと

その日の気分で 合わせられるので

困らないですよ

ご参考までに。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén