「織の名古屋帯 流水に柳」

春めいた陽射しに 誘われて

これからの季節に

締めたくなる帯 のご紹介

織の名古屋帯 すくい 夢訪庵 流水に柳 刺繍
織の名古屋帯「流水に柳」(今小路 あま宮 別誂品)

ほんのり 薄小豆色の地に

ひと色濃い 薄小豆色で 川を

ヒカリの少ない薄金箔で 観世水 を

織りあげ

柳は 全て 刺繍

おわかりいただけます?

この 艶と 立体感♪

実は 生地も

川の部分より 柳の部分が

軽やかな風と光を 感じれるように

織り方を変えて いただいております。

生地質を 協調するのに

ちょっと 写真の色のトーンを

落としてみたのですが…

わかります?

ちょっと ゆらゆら しているの♪

この織分けが 着姿に

実は 大きな差を与え

身につけた時には

まるで 本当に

水面が 陽の光を反射し

柳が 軽やかに

そよいでいるかの様

に なるのです。

着姿を 想像するだけで

ニマニマがぁ~ ^m^ 笑

真冬 真夏以外

お締め頂けるように

してございますので

今時期の 袷に

初夏のかほりを 覗かせたい時

六月の ジメジメを

軽やかに 装いたい時

九月~十月の 残暑に

秋風を 吹かせたい時

また 着て行かれる

シチュエーションによっては

縁起を担いで♪

要は どんな時でも

大活躍する お役立ち帯

ってコトなのでございます(笑)

コレからの時期に

締める帯 無いのよね~

っと お困りの方

お手元に いかがですか?

小宮 たつみ より

追伸:コチラの帯は

元々あった図案から

地色 織り方 挿し色などを

指定して 弊店の別誂として

織って戴いております。


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén