「夏の九寸名古屋帯 柳に蛙」

こうも 暑くなると

涼やかな帯が 恋しくなり…

夏の九寸名古屋帯  柳に蛙 すくい 手織り
夏の九寸名古屋帯「柳に蛙」

元々あった図案を 色違いで

お願いしておりました 夏帯が

織あがってまいりました♪

柔らかに 垂れ下がる柳にへ

飛びつこうとしている カエルが

何とも 微笑ましい

紗のすくい 九寸名古屋帯

手織りです。

帯地自体は 真っ黒ですが

帯芯を 入れると

先の写真のように

少し 茶色っぽくみえ

袷の時の 黒地のように

キツイ印象は なくなります。

また、紗の帯はこの

帯地と 帯芯のモワレ具合が

着た時に 水を連想させ

「涼」を呼び いっそう

涼し気で 美しい~

前柄は 銀糸で 「雨」

蛙と柳の緑ですが

実物はもっと 綺麗な緑です(^-^;

緑って 写真に撮ると

ちゃんと映らない んですよね…

スミマセン。

このタイプの紗 の

すくいの夏帯を 織れる方は

この方だけ…

ご年齢も ご年齢なだけに

いつお辞めになっても

おかしくなくのです。

気になる方は お早めに

ご連絡くださいませ。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén