「染め紬 と 時計草」

本日の京都は

晴れ 27℃

と云うコトで 着てきたのは

単衣 染め紬 夏帯 時計草

横縞段の染め紬 時計草の帯

合わせた小物は

単衣 染め紬 夏帯 時計草

黄味の強い 暈し帯揚げ と

藤色の入った 夏組の帯締め

昨年も 同じキモノと帯ですが

小物が違ったみたいです。

梅雨入りが 遅れ

水や作物が 心配ではありますが

せっかく 晴れているのですもの

単衣キモノを 楽しまなきゃね♪

それにしても この生地

綺麗な艶 だなぁ~(笑)

サラッとしてるのに

ちゃんと タレて着やすい♪

まだ生地が あれば

何か 染よっかなぁ~

何の柄が良いかなぁ~^m^

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén