「附下 楽器文様」

楽器文様って

留袖などに描かれている事 が多く

訪問着や 附下にあっても

落ちついた 地色か

他のモノと 一緒に描かれ

ちょっと ガチャガチャしたイメージ

せっかく 雅で素敵な文様なのに…

もっと シンプルに

控え目でいながら ちゃんと存在してる

正統派な 楽器文様が出来ないか…?

そこで

一から 図案を起こし

染めて戴いたのが コチラ

今小路あま宮 別誂え 附下 楽器文様
別誂え 附下 楽器文様

落ちつきながらも

明るい薄藤色を 地色とし

鴇色 浅縹 柳染色 を

流れるように配置する ことで

お召戴いた時に 華やぎがでるように

そして 楽器の中の色には

藍を効かせ 所々箔を置き

色刺繍と金駒刺繍 で 奥行がでるように

仕上げて戴きました。

素敵でしょ^m^

何度も 下絵を描き直してもらい(^-^;

完成した図案を 生地に描いたのが

コチラ

繊細でしょ~ (*_*)

職人さんって スゴイですよね。

この細かい図案に 忠実

かつ 絵心を加え染めて戴き

箔 刺繍と 進みます。

そして 出来上がったのが

最初の お写真♪

附下なので 全体像が

分かりづらいのですが

着ると たまらなく

美しいのですよ~ ^m^

その辺りについては

ご縁頂いた方と その周りの方々の

お楽しみっ♪

慶事はもちろん

観劇や 会食

どんな時にでも 場にそぐい

素敵な雰囲気♪

だけを 置いてこれるキモノ(笑)

ありそうで 無い を形に

いかがです?

たまには こんな正統派も

こっそり お作りしております(笑)

正統派で お探しの方も

お気軽に ご連絡くださいませね。

意外とあるかも? 出来るかも?です。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén