「絵羽の綿ちぢみ と 伊予八寸」

台風の影響で

曇り時々雨 24℃

となりました 本日の京都

着てきたのは

綿ちぢみ 絵羽 伊予紬八寸

絵羽取りで織られた 綿ちぢみ

伊予紬の八寸帯

絵羽取り綿ちぢみの詳細 と

帯については

それぞれのリンクを ご覧いただくとして

(帯の方は、「雨の日のキモノ選び」が書いてありました)

襦袢は 塩瀬のついた「麻」

昨日は 28℃で「絹」

今日は 24℃なのに「麻」

何故かと云うと 理由は二つ

1つは

綿ちぢみの下に絹だと 動いた時に

襦袢の袖が出てくる可能性があるから

そして もう1つは

ちぢみは 平織に比べると

どうしても 空気が籠りやすいので

下を麻にして 少しでも湿度を逃がす為

です。

選んだ小物は

綿ちぢみ 絵羽 八寸名古屋帯 伊予紬

オリジナル帯揚げの「刈安(かりやす)」と

紺と白の 細冠組

帯締めは どちらかというと

夏用に 細めで組まれたモノなので

今日は 重ねず

あえて並べ 巾を出してみました。

「Cashimere Coat オーダー会」

本日2日目 でございます。

皆さま 気をつけて

お出ましくださいませね。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén