「藍大島 と 木綿帯」

冷たい雨となりました 本日は

泥藍大島 蜀江文 手紡木綿 多々納桂子作

蜀江柄の 泥藍大島

多々納桂子さんの 手紡木綿の帯

合わせた小物は

泥藍大島 蜀江文 手紡木綿帯 多々納桂子作

綺麗な黄色と鼡色の ぼかし帯揚げ と

灰桜色の 綾竹組

なんか 久しぶりに

ピンクの帯締めを 身に着けたくって(笑)

多々納さんの 手紡木綿の帯も

久しぶりに締めましたが

やっぱり 良いですね。

ふわっと 軽くて

真綿とはまた違う 温かみがあって

身につけただけで ほっこりします。

現在 手紡木綿の八寸は

以前 ご紹介した

福永世紀子さんの 土佐手縞

土佐手縞 福永世紀子作 唐木綿風綾 手紡木綿
福永世紀子さん作 土佐手縞「唐木綿風綾」

が おりますよ。

こちらも とっても素敵なのよね~♪

しかも 緑の帯って

実は どんな色の着物でも

対応できて 合わせ易い

んですけれど あんまり

知られてないんですよね…

黒 墨 茶 藍 ベージュ 橙

桜 藤 水色 黄色 白 鼡…

ねっ、言いだしたらキリがない

くらい 何にでも合うんです。

コチラの帯も 期間中は対象 ^m^

ちなみに 会期終了後は

どのお品物も 通常価格に戻ります。

と 申しますのも

ご存知の方も 多いかは存じますが

弊店で お取扱いさせて頂いている

お品モノ達は どれも

お値引前提でお値段をつけているワケ でも

お値引を必要とするクオリティのモノ でも

ございません。

ただ 今回は

5周年を迎えるコトが出来ました

ことへの 御礼

どうぞ この機会に

お手に取って お手元へ

お留置きくださいませ。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén