「白練り色の 余呉紬」

琵琶湖の北

余呉にて 繰られた

真綿の座繰り糸 を

京都で 草木染めし

手織りされた「余呉紬」

その着心地は 地機の本場結城紬に

勝るとも劣らない

「いつかは~」

なんて 思ってくださっている方も

多いのでは?

実は この度の

「美しいキモノ」2019年冬号にて

モデルさんが ご着用になられていたの

お分かりになられました?

それが コチラ

余呉紬 美しいキモノ掲載品 白練り色 縞
美しいキモノ2019年冬号掲載品 「余呉紬」

誌面では

白練りの無地っぽく 見えてますが

実は 淡い縞!

美しいキモノ 掲載品 余呉紬 白 縞 夢訪庵
余呉紬 生地アップ

優しい白練り地 に

薄黄色と 薄ベージュの縞が

入っているのですよ。

上のお写真なら 伝わるかしら?

この ふわっとした真綿感♪

素敵でしょ~ ^m^^m^^m^

お召戴くと めちゃくちゃ軽いです。

それこそ 帯は何でも(笑)

金銀の礼装帯は 合いませんが

絞りの帯 塩瀬の染帯

織の九寸名古屋帯 ざっくり八寸など

洒落モノも 古典も合わせていただけます。

モデル仕立ての 掲載品

ですので 反物価格より

ほんの少し…

もちろん お仕立ては

八掛を選んで ご縁戴く方のサイズに

お仕立てしてまいります。

反巾も ございますので

男性用にも お仕立てできますよ♪

いつかは~ と思っていらした

皆さま

あら、うちの人に良いかも?と

思わず思ってしまった 皆さま

この機会に お手元へ

いかがですか。

お気軽に お問合せくださいませ。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén