「小紋 笹縞に梅椿楓」

幾何学でない全体柄 推進委員会(笑)

さっそく お品モノのご紹介です。

小紋 むかし古代縮緬 笹縞に梅椿楓
小紋「笹縞に梅椿楓」(今小路あま宮 別誂え)

小紋「笹縞に梅椿楓」

すでに 店頭で mini會で

ご覧になられた方も多い かとは

存じますが、さきほど

blogを書いていて

ちゃんとご紹介していないコトを

思い出しまして…(^-^;

コチラも

絶対 素敵なのに

何故か なかなか

嫁いでゆかない小紋の1つ。

素敵でしょ~(笑)

なんで 嫁がないのか 不思議で仕方ありません(笑)

笹縞 椿 梅 楓 の文様が

遠目からみると 松皮菱取りにもみえる

絶妙な配置で彫られた伊勢型 を

繊細な糸目が表現できる 真糊を使って

優しい白地に

白場も派手 に映り過ぎないよう

笹節の縞には 透明感のある鼡色を用い

柄には それぞれ

赤みを抑えた朱 菜の花色

鶸系 藍系の色にも

ほんの一滴鼡を入れ

ご年齢を重ねれば 重ねるほど

チャーミングに お召しいただけるよう

染め屋さんとも 相談し

配色させて戴きました。

生地は、お召戴くと

とろ~んと 肌に寄り添い

なんとも云えぬ絹の艶 が映る

のが特徴の「むかし古代」

小紋 むかし古代縮緬 笹縞に梅椿楓
生地アップ

もう 織れなくなってしまった

のデスけどね…。

もうすぐ織れなくなる と

聞いた時に どうしてもこの生地の

多色小紋 を残しておきたくて

お染めしいたのです。

この生地感

伝わってますかねぇ…

反物で見ると 赤勝ち

に見えますが 仕立てると

実は 鶸がメインとなる

コチラの小紋

譲り受けた 古典柄の帯はもちろん

ちょっと遊んだ帯も

軽めの洒落袋帯とも 相性良し

無地感も 飛び柄も

ちょっとは 揃ってきたし…

と お思いの皆さま

着てみませんか~!!w

お気軽に ご連絡くださいませ。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén