「別誂え品 藤の帯」

またまた 別誂えさせて戴いた

お品モノ のご紹介

こちらもやはり 私の締めている

藤の帯 (下記)を以前より

ご覧いただいていて

小紋 花七宝 名古屋帯 藤
縮緬名古屋帯 「藤」

「やっぱり あの藤 良いよね~」

から 始まったお話し。

薄い地色のモノは 過去に

ご覧いただいておりましたので

「濃地? 薄地?」

と 尋ねると

「濃地かなぁ~

でも、急いでないのよ(笑)」

とのコト

そこで、 私のコノ

帯のイメージを 保ったまま

その方の その時期に

着たくなるであろう キモノ

に合わせやすく また、

その時期に 締めたくなるであろう

帯たちとも かぶらない地色

を考え 半年以上かけて

染めさせて戴きました。

それが コチラ

縮緬名古屋帯 藤 別誂え
別誂え品 「藤」

素敵でしょ~ ^m^^m^^m^

地色は 濃い~ぃ 茄子紺地

そうなんです

コチラの帯、実は

六通www

タレ先から 前腹の柄まで

全て繋がっているんです

一見 無駄で

見えないのに モッタイナ~イ!!

と 思ってしまいますが

コレが この帯を締めた時の

なんとも云えぬ 存在感の秘密♪

なのですよ。

その理由は 秘密です(笑)

出来上がった帯は 私のより

断然美しく 魅力的でしたぁ。

お客さまにも とっても

喜んで戴けて 掲載のご快諾まで。

〇〇さま ありがとうございます。

先ほど掲載させていただいた 羽織

もそうですが、実はこうして

店頭に並ぶことのない

何気ない呟き を日々

実現させていただいております。

もし ブログを見て

気になるモノが あったり

お心の中に なんとなくの秘めた想い

がお有りの 皆さま

どうぞ 遠慮なく

まずは 呟いてみて

くださいませね。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén