「与那国花織 と あじさい」

本日は 帰宅時間に雨?

29℃ 曇り の予報

着てきたのは

与那国花織の綿麻 あじさい帯

やっぱり着やすい♪

さきほども ちょうど

仕入れ先さまと お話ししていた

のですが

しっかりしているのに しなやか

で、綿麻なのに

絹紬と同様の着用範囲 を可能

にしてくれている この

なんとも云えない存在感w

そして 見た目以上に

軽い着心地♪

手績みの苧麻

だからですかね~

手績の苧麻で 藍染で

花織の手間暇もかかって…

凄いよね~って(笑)

与那国花織は 元々は

綿または 綿麻

デスが

絹を織りはじめてから は

その手間暇からか?

綿や 綿麻を織られる方は

ほぼ 皆無

でもこうして着てみると

何故 元々は

綿や綿麻だったのかが良く分かる

現地の気候には 絶対合っているもの

与那国島で過ごすなら この感じ

一年中快適♪ だったと思う

本土だと きっと

真冬と真夏以外が快適♪

ってところですかね。

6月はもちろん ですが

秋からも 楽しみだなぁ~

それにしても 着物の道は

奥が深すぎるぅ~

精進 精進 日々精進♪

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén