「綿麻キモノを 浴衣として」

昨日は 午後より

浴衣の 出張着付け教室

着て行ったのは

日頃 キモノとして着ている

伊勢型小紋の綿麻キモノ

宮古上布の半巾帯

雨も降っていたけれど

そこまで酷くなく

ドア to ドア の移動でしたので

上着は 紗の雨コート

お稽古で着用される浴衣 に合わせて 

広衿で仕立てたモノを

浴衣として着た のですが

バチ衿ともまた違い

衿元がふっくらした印象 に

雨が降っていた時は

蒸し暑かったけれど

夕方の雨上がりには 湿度も取れ

ふと 空を見上げると

虹 京都の空

虹 ♪

昨日は 全国的に

虹が見られたみたい デスね。

なんか 良いコトありそう♪

そう思いません?

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén