「絞りの浴衣 に 藤布」

本日の京都は

37℃ ゲリラ雷雨!? な予報

しかも 昨晩が熱帯夜でして

目覚めから 暑いのなんのってw

そこで 着てきたのは

有松絞りの浴衣 石畳藤布

ゲリラ雷雨に遭った としても

この湿度 では 暑くて

上着なんて着ていられない!!

だから

ずぶ濡れになったとしても良い 恰好

と いう選択です。

浴衣は 以前「浴衣de海」

の時に着ていた

お手入れに出して 藍が泣いた

って云っていたモノ

あの後、海から帰ってきて

ダメもとで 洗濯機で洗ってみたら

泣いていたモノが 落ちたの(笑)

笑えますよね。

そんな事なら ビクビクしないで

最初っから 自宅で洗えば良かったw

って話 デス(笑)

なので それ以降は

普段着にまた昇格 で

こうして 着ております。

おそらく 正藍ですし

下手に シミ抜き屋さんで

汗抜き とか部分的にしてもらうよりも

潔くザブン! っと水に浸けて

洗ってしまった方が 良かった

って 事なんだと思います。

もし お手持ちの正藍浴衣で

同じように 藍が

黄色く泣いてしまったモノ

がございましたら

ダメもとで 洗ってみるのも手

ですよ。

越後上布も 以前

同じようなことがあって

白場に 黄色いシミ!?

みたいなのが 出現してきて

思い切って

自宅で洗ってみましたがw

全く問題なく むしろ

綺麗になりました(笑)

麻とか綿とか 元々

洋服でも 自宅で洗えるものは

自分で洗った方が 良い

と 云うのが私の結論。

洗い方 干し方

アイロンの掛け方

過去のblog をご覧くださいませ。

明日こそ 夏キモノ着よう!!

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén