「長月 出張キモノ」

先日の出張

お江戸も 気温がなんとか

20℃台(後半ですケド)

通り雨あり!? な予報

さすがに 長月も半ばだし…

朝晩は 気温下がるし…

キモノは単衣 よね。

雨降るなら 雨コートが必要

けれども、

日中動く時は 暑すぎて

フルロングは着ていられないし…

かといって 羽織を別途着るのも

荷物になるし…

間違いなく キモノは汗だくになるし…

www 

で、選んだのは

キモノ2枚 の 帯1本

一日目

お昼も夜も 目上の方とお会いする

でしたので

もやぼかし 単衣 名古屋帯 ススキ 芒 草木染 手織 刺繍

無地キモノ感覚で 使っている

もやぼかしの 単衣キモノ に 芒の帯

2日目は

お昼も夕方も 比較的年齢が近い方々

でしたので

白練り色の 雪輪草花小紋 に 芒の帯

以前お話しした ように

コチラの小紋は 夏秋草がメイン

に 出てくるので私的には

6月単衣 なのですが

女郎花や 桔梗などもいるので

着てしまえ ♪ と着た次第

衿と小物は夏モノ です。

そして

紗の雨コート と 晴雨兼用日傘

を バッグに忍ばせ

動いておりました。

でもね、

帰ってきて見てみたら やっぱり

お太鼓の薄グレー地が

うっすら 汚れているの…

やはり 上モノを着ずに

乗り物に乗っては ダメ

なのですね。

そうよね、座面は拭いても

背もたれまで 拭いてくださっている

なんて 聞かないですものね。

皆さまも 移動の際は

お気をつけて

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén