京都 今小路 あま宮 ブログ

「長襦袢 KINTOUN 2」

お待たせいたしました!

以前 ご紹介した

長襦袢「KINTOUN」 の

お色違い が染め上がりましたよ。

こだわりどころは 前回のblog

を ご覧いただくとして

今回のお色は コチラ

絵羽の絞り長襦袢「kintoun 2」

(今小路あま宮 別誂え)

全然イメージ

変わりますでしょ^m^

今回は

ちょっとエッジを効かせて

青磁鼡(せいじねず)の地色 に

唐茶(からちゃ)色

ひと色明るくした お色と

ザ・紫 の 紫紺(しこん)色

柄を 絞って戴きました。

上の 真ん中の写真、

脇線柄の重ね が甘く

雲が びよ~ん っと

伸びてしまっております が

正しくは も1つ深く

縫い込みますので

前の時のように ちゃんとした形

になります。スミマセン(^-^;

此度の配色 実は

染めるにあたり 難易度高し

図案上

濃い紫 が後ろ

に ありますでしょ

普通、重なりの

後ろの色から染めてゆく

ので

薄色が後ろ で 濃い色が前 の方が

泣き(滲み)などが出た場合 にも

上に濃い色 が重なってきて

綺麗にゆく

のですが、そうすると

今回の場合

目を瞑って 想像してみてください

紫が前 になると

印象としては メッチャ紫w で

唐茶の印象は 残らず

イメージ台無し

ねっ!(笑)

なので、 一度は

絞り屋さんが ダメもとで

優し~く 聞いてきたのを

「うん、それは嫌!」

と ゴリ押しして w

無理を言って

染めて戴いたのです。

でもね、流石なんですよ!!

重なりの部分も 綺麗でしょ~♪

ここの絞り屋さんなら やれる!!

と、そう信じているから

そんな無理なお願い も

できるんです。

特に 濃い色同士は難しい

でも 前向きにチャレンジ

してくださる

だから、

皆さまへ こうして

ありそうで無いモノ

を ご紹介させていただけるのです。

できないところ には

厳しいようですが

最初から 話をしません。

ありがたい

お取引させて戴いている

皆さま みんな!!!

ホント、凄い方たちばかり

で 心強い です。

人目に触れるコト はない

襦袢 だからこそ

ちょっと こだわってみませんか。

お気軽に ご連絡くださいませ。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2022 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén