「本掻き爪綴れ 鎧格子3」

弊店オリジナル 鎧格子

最後の一本 が

上がってまいりました。

本掻き爪綴れ 手織り 鎧格子 今小路あま宮オリジナル 別誂え 素鼡

本掻き爪綴れ「鎧(よろい)格子/sunezu」
今小路 あま宮 別誂え

ただコチラ、もう

既に 嫁いでしまったので

お客さまのご了承を得て

ご紹介だけ。

(秒 でした すみません)

地色は 素鼡(すねず)

本掻き爪綴れ 手織り 鎧格子 今小路あま宮オリジナル 別誂え 素鼡
地色

素鼠(すねず) と云っても

相済茶(あいすみちゃ)

羊羹色 が近く

こっくりとした 良い色で

中の格子の色は…

上段が

こっくりとした臙脂 に

白の線を入れて

コーラルピンク(水柿色)

生成り色の ちょぼ

中段が

薄鼡色に 利休茶色の線を入れて

青緑(高麗納戸をひと色濃くした感じ)と

白に銀糸を2本組ませた ちょぼ

下段が

辛子色に 中段のちょぼに使った

青緑色の線 を入れて

梅幸茶(ばいこうちゃ)

ひと色綺麗にしたモスグリーン と

空五倍子(うつぶしいろ)

いわゆる艶のあるグレージュ色の ちょぼ

 縦の縞 はほんのり

青みのある「鼡」にして

バランスをとりました。  

もちろん、透けて見える縞は健在です。    

今回も 我ながら

なかなかの色バランス w で

かなり良かったんです(笑)

どの色も ホント綺麗に上がったなぁ

職人さん、本当に辞めちゃうのかなぁ…

辞めないで欲しいなぁ~

この後は、

三釜市松 の色違い

が上がって来て 夏モノ

お客さまの別注分

となります。

ご注文頂いている 皆さま

秋単衣 のシーズンには

お納め出来る予定 です。

楽しみにしていてくださいませね。

全部が織り終わった頃

職人さんが あと1.2本

織っても良いよ。

って、言ってくださることを

願って…。

あま宮鎧格子

最後の一本のご報告 でした。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén