「矢羽根縞 と 穂」

朝晩が だいぶ涼しくなって

本日の京都 は

29℃ 晴れ

着てきたのは

単衣の小紋 矢羽根縞

穂の夏帯

いつもならこの頃には

もう 八寸とか締め出してる

のですが、今年はなんだか

そんな気分になれず w

まだ 夏帯

気候には合ってる気 が

するんですよね

もちろん、夏夏したモノ

は 締めないですけどね

秋の文様だと落ち着く

と 申しますか…自然な気がします

元々

花街の方々のお衣装 も

九月は 単衣に夏の染め帯

なので 私たち一般人も

それで良いのではないかしら^m^

まぁ その年の気候にもよる

とは 思いますけどね

とりあえず 今年は

気候に合わせて 心のままに

合わせてみたいと思います

そうそう、今夜は8年振りに

満月の中秋の名月

なんだとか

見れるとよいですね

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén