「本掻き爪綴れ 鎧格子4」

弊店オリジナル 鎧格子

オマケの1本目w が

あがってまいりました!!

綴れ 本搔き爪綴れ 手織り あま宮格子 鎧格子 消炭 今小路 あま宮 別誂え 絽綴れ 本搔き爪綴れ 手織り あま宮格子 鎧格子 鼡 今小路 あま宮 別誂え 
綴れ「鎧(よろい)格子/keshizumi」
今小路 あま宮 別誂え

ど~どす~

いつもより少し 落ち着いた感じ

これもまた、

素敵でしょ~ ^m^

何故オマケか と云うと…

1月に最後の袷 を発表して

5月に最後の絽綴れ を発表

したのですが、

この時に

もし、絽を織った後

気力体力共に残っていて

も少し織ってみようかな?

って思える状態

にあったならば、

も少し織って欲しい!!!

と、幾つか色だけ出して

渡していたんです ^m^

そしたらね、調子よかったみたい♪

織って下さったの!!

今回のは 地色が消炭色

綴れ 本搔き爪綴れ 手織り あま宮格子 鎧格子 消炭 今小路 あま宮 別誂え 
地色

ほんのり赤みの入ったグレー

今までのと似ているよう で

またちと違った

今までのに比べると

ほんの少しだけ明るめ の

優しいめなお色 です

中の格子 は…

上段が

奥行きのあるベージュ に

オレンジの線を入れて

承和色(そがいろ)系の黄色と

裏葉柳色 系の鶸色 ちょぼ

中段が

白鼡色 老緑色の線を入れて

ほんのちょっと鼡を落とした白藍

白に見えるけど ほんのりオレンジ系

が 入った鳥の子色

銀糸を2本組ませた ちょぼ

下段が

甕覗(かめのぞき)色

桃色の線 を入れて

レンガ色 と 白に銀糸を1本

組ませた ちょぼ

 縦の縞を 淡紅藤 にして

優しさのバランス をとりました。  

もちろん、透けて見える縞も健在ですよ

なんか 今までのともまた

印象が違って良いですよね~^m^

↑自画自賛 www

一応 他の色も出してはありますが

あがってくるかは不明 w

あがってきたら その都度

ラッキ~♪

って思って下さい(笑)

もちろん、

全て色は違います!

幾度となく お話ししておりますが

せっかくご縁戴くのですから

同じのが存在するの 嫌でしょ

なので、作りません。

だから、もし

気になる方 がいらしたら

この色は コチラだけ

なので

遠慮なく まずは

呟てみてくださいませね

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén