「お手入れ について」

弊店が普段からしている

「お手入れ」 について

少しお話しいたします

色々な理由から 弊店では

「丸洗い」はしておりません

お預かりしたお着物や帯 は

加工に出す前に 和裁士が

全て確認し 指示書を書き

信頼できる職人さん へ

特に目立った汚れ が無ければ

「季節のお手入れ」

として

衿 袖口 裾 と汗抜き

をして戴いております。

目立ったシミが在る場合 は

指示書にも書きますし

書いてないモノ でも

気になる箇所は 綺麗に

してくださり

指示書に記載 しておいて

くださいます。

そして 戻ってきたら和裁士が

袖付けや 裾のほつれ

裾かぶり なども確認し直し

手で仕上げをして お納めする

機械によるプレスもしていません。

お値段は 全て出来高 です

職人さんの手間 が多ければ多いほど

お値段は嵩みます し

手間がかからなければ それなりに

和裁士の直し箇所の御代 も

ほんの少しのほつれ程度 なら

サービスの範囲 として

ガッツリ直さなくてはならない場合 は

お代を頂戴しております。

相場としては

目立ったシミが無ければ

8,000円~20,000円程度

と云った所 でしょうか

↑一万円台が一番多いかな

シミや汚れの程度によって は

30,000円~50,000円程度 になる場合も

↑赤ワインをこぼした とかw

また、お預かりした時点で

明らかに直し箇所がある場合 や

仕立て替えをした方が良い場合 は

事前にご連絡させて戴いております

そして、明らかに

ちょっと値段がいきそう?

と思うモノは 事前に

お客さまにご連絡しますし

職人さんにも

○○○○円くらいで納めたい ので

それ以上かかるようなら

仕事にかかる前に 連絡ください

と 伝え、事前確認をしております。

また、

職人さんも 弊店の事を

良く分かってくれている ので

この方、着る人みたいやし

来シーズンも着はるやろうから

この辺でやめといたよ

来シーズン 洗張りするやろ?

とか、

ただただ金額をかけて綺麗にする

とかではなく

先の状態 まで考え

着手にとって 一番良い

と思われる方向 で

仕事をしてくださるから

安心してお任せしています。

何故 このようなお手入れ

にしているか と云いますと…

結局のところ、自身ので

色々と試した結果

仕上がり具合

風合い

手入れ後の生地の状態

染替えなどをする時

と、長く着ていった時に

この方法が一番 最終的に

着物にも優しく

着手にとっても親切 なコト

だと思うから

金額在りき で仕事をすると

金額に縛られ

良い仕事ができなくなる し

次に何かをする時 に

逆にお金がかかったり

目先の綺麗さを優先 したが為に

そこだけ生地が傷んで

次に仕事が出来なくなったり…

ある程度 相手に任せ

譲れない所は伝える

そうすると

金額以上の仕事をして

返してくださる

結果、

お気に入りのモノ達 が

長く良い状態で着られる し

気に入った形で 染替えたり

変身させることができる

と思っております。

↑数々の失敗をして辿りつきましたw

もちろん、それには

職人さんの腕を見極められ

提示された金額が妥当かどうか

を判断する経験値 が必要であり

その上に成り立つ

その職人さんとの信頼関係

が 大切になってきます。

コレが限界

この金額かかりました

って云われた時に

確かに限界だと思う

そりゃするよね、でも

安くしてくれたんちゃう?

って思えるかどうか

もうちょっとできるんちゃう?

とか

ちょっと高くない?

って思う仕事をされた事はないです

まぁ、もし仮に

されるコトがあれば言うし

次からお願いしなんですケド

だから多分、弊店のお手入れは

世の中からみたら高い方

だと思います。

ですが、自分で他所で

手をつけてさえいなければ

大抵のシミは取れます し

自店でここまで確認して

仕上げてお納めしている所 は

正直少ない と自負しております

なので、

お客さまによっては 弊店と他所を

使い分けてらしゃいます

お気に入りは 弊店へ

それ以外は 他所へ

それで良いと思うんですよね!

また、 一切合切を

シーズン終わりにお送りくださる

お客さま もいらっしゃいます

そういう方の場合、よほど

ご自身が気になっているモノだけ

○○洗張り?そのまま?

○○シミつけた!

○○そんなに気に入ってない 笑

半衿 新しいのにして

など、メモを入れてくださり

後は コチラで見て判断し

ご相談した方が良さそうなモノ は

事前にご相談 あとは

お任せ戴いて

シーズン前に お仕度を調え

お送りする

といった具合です。

まとめて送られる場合 は

シーズン直前に送られてくる

から、ある意味便利♪

デスよね~~ 笑笑笑

季節外保管場所 的な ^m^

箱は 配送に使ったモノ を

そのまま取っといて戴き

季節で行き交う感じw デス

はじめてお送り戴く方 は

着物や帯に不必要なシワ

↑元々の畳み線以外

が つかないようにだけ

して戴き

コンパクトにして戴いて構わない

のですが くれぐれも

水濡れ厳禁」で

お送りくださいませ

あっ、もちろん

コチラも心の準備 w

がございますので

初めてお送り戴く方は 事前に

メール または お電話 にて

ご一報願います。

上記のような形で宜しければ

いつでも承っておりますので

何なりとご用命くださいませ

小宮 たつみ 拝

最近よくご質問を戴くので

記載させていただきました


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén