京都 今小路 あま宮 ブログ

「訪問着 クジラ」

とあるお客さまより戴いたご相談

から生まれた 素敵なお着物一式

を ご紹介させて戴きます。

訪問着 クジラ 別誂え品 今小路 あま宮 ぼかし染め 相良刺繍 刺繍 染袋帯 青海波 金銀彩
訪問着「クジラ」と染袋帯「青海波」
今小路 あま宮 別誂え

素敵でしょ~~ ^m^

美しいでしょ~~ ^m^^m^

遊び心満載 でしょ~ ^m^^m^^m^

コチラの訪問着 は

空と海と大地 をイメージした

三色ぼかし に なっておりまして

柄は 相良刺繍を中心として 全て刺繍

帯は 着物に合わせて

あえての 染めの袋帯

に 致しました。

(↑ 染め上がって仕立てる前)

生地は 両面塩瀬を使い

表が、生成り色に 金銀の青海波

裏が、薄鼡色に 金銀の唐松菊

お襦袢も 合わせて

訪問着 クジラ 別誂え品 今小路 あま宮 ぼかし染め 相良刺繍 刺繍 長襦袢 三彩雲
長襦袢 / 三彩雲

彩雲 を染めさせて戴きましたよ

もちろん最後 に

小物も合わせてお納め

させて戴いたのですが

そこは、内緒♪ 笑

ことの始まりは 一年前

袷の時期に 新しく出来る

とある場所のお披露目パーティー

そこで着るモノを考えて戴きたい

っとのお話しを戴いたコト から。

そこで、まずは立地と

建物の出来上がりイメージ

を 教えて戴きまして

お客さまのお顔を 思い浮かべながら

妄想 www

後ろには 山の緑があって

目の前は 見渡す限りの穏やかな海

真っ白で 洗練された

天井の高い建物 には

大きなガラス窓 がはめ込まれ

まるで海と一体化しそうな…

水面に映し出される

陽の光の輝きがキラキラ~

そこに お集りになられる方々

を 考えると どう考えても

完全なる「和」ではない

オシャレな方々 が 集まる

んだろうなぁ~

ってコトは、

洋装のドレスの方々 の中でも

控えめながら 負けない w

場に馴染みながらも どこに居ても

彼女なら あそこにいるよ♪

って わかっていただけて

品よく 華やかで チャーミングで

そして

話題性に事欠かず ついつい

皆が 見入ってしまうもの ww

と、考えました。

そこで 染屋さんにも相談したら

「くじらちゃんだね」

と 云いだしたので(笑)

じゃあ、思わず着たくなっちゃう

クジラちゃんを描いてきて

って云ったら、こんな素案が ↓

あれれ???

可愛いんでないの(笑)

素敵になるんでないの(笑)

^m^ ^m^ ^m^

では、さて、これをどう

上品に仕上げるか???

ってコトで あれこれ打合せ

を させていただきまして

生地は 重ための縮緬地

全体を三色ぼかし にし

柄は相良刺繡を中心 として

全て刺繍でやろう!!

ってコトになり、

お客さまへご提案 を

させて戴きました。

全てお任せ頂けたら

どこに着て行っても

どなたに合っても恥ずかしくない

素敵なモノにします

とだけ お約束し

お客さまからも

「お任せします」

と 寛容なお言葉を頂戴し

製作するコト1年

上のような 素敵な訪問着

が 出来上がったのであります。

裾柄なんて ホント美しい

んですよ~~~^m^

訪問着 クジラ 別誂え品 今小路 あま宮 ぼかし染め 相良刺繍 刺繍 
裾全体

繊細な銀糸 で

青海波 入ってるのわかります??

拡大してみてw

も~ね~堪らないんです 笑

ニマニマが止まらないの 笑笑笑

先日 無事に

お客さまへもお納め させて戴き

お客さまからも

どこに着て行っても

恥ずかしくない

素晴らしい一式です

職人技が光ってますね ♪

ありがとうございました

と 嬉しいお言葉を頂戴し

その言葉に味をしめ w

「こんな素敵なお着物を作ったのよ」

っと自慢したいw ので

掲載させて戴けませんか?

とお願いしたら

「もちろん どうぞ」

って仰って頂けたので

本日 ご紹介させて戴きました。

大切な日に着る 誇らしい一着

そんなお誂えも 承っております

良かったら お気軽に

呟いてみてくださいませね

○○さま

掲載のご快諾 そして何よりも

自由に作らせて戴き

ありがとうございました

また お話しを伺えるのを楽しみに

しております ♪

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén