「附下 色紙繋ぎ四季草花文」

美しい附下 のご紹介です

附下 市松四季草花文 今小路 あま宮 
附下「色紙繋ぎ 四季草花文」

美しいでしょ~ ^m^

女性を美しく魅せてくれる鉄板 のw

透明感ある やわらかい薄桜色

そこに

様々な四季草花 を

色紙繋ぎに 配しております

多すぎず 少なすぎず

絶妙な量 と 配置バランス

↑ ちなみに

上前脇と左後脇の 余白が多いのは

縫い込みを計算されてのコト

お仕立て上ると 完璧なバランス♪

なのですよ ^m^

想像してみて~ ^m^^m^^m^

これだけ正統派で王道 なのに

どこかモダン で

在りそうで無いモノ

になっている理由 は

柄の中に使われている

海松(みる)色

濃い~藍 褐返(かちかえし)色

の使い方が上手 だから

流石なんですよね~~♪

若くなり過ぎる傾向 にある

ピンクに朱 の配色を

一気に大人の世界へ と誘います

梅に桜 アヤメに藤 牡丹

撫子に 萩芒と女郎花

菊紅葉 に 老松 春蘭と…

四季折々の草花 も

メリハリのバランス が素晴らしく

見事に互いを引き立て合い

お召し戴くと

その 季節ゝで顔を出す

から 不思議です

重めの染帯 でも良いですし

正統派な袋帯 でも

良いですよね~ ^m^

80代になったら

おなじ海松色の渋~い帯

とか合わせたい!!

お食事 観劇 お茶会 祝いの席

お子さまとの行事ごと

ちょっとしたご挨拶

どんな時でも寄り添い

出しゃばり過ぎず

華を添える

そんな附下

お手元にいかがですか

気になる方は お気軽に

ご連絡くださいませね

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén