「あま宮って どんなお店?」

って聞かれた時 いつも困ります。

どんな… どんなと云われても

キモノ を着ていれば
全てが 必要になりますので

世間さまの ように

フォーマル カジュアル
作家モノ 織 染め

何かに特化している
ワケでもないですし…

着て過ごしている からこそ

ある意味 全てにそれなりに
こだわりがある ワケで(笑)

・・・・・・

キモノを着て 過ごしている人間が

お客さまの為に
当たり前のコトを
当たり前にしている
ただの 呉服屋 です。

としか 云いようがないのです。

ですが

「何を大切にしているか」

なら 言えます。

お客さまが 弊店でご縁した
キモノや帯を お召になられ

街ゆく人や
どこかの 会場に行かれて
他のキモノ姿の方を 目にした時

「うふふ^m^ ♪」

と常に 胸張って
心の中で ニマニマ
して戴けるモノ を

ご提案させて戴く

と云うコト

名古屋帯 バレリーナ
織の九寸名古屋帯 バレリーナ

それは 決して

品モノの インパクト や

どこどこの と云った
ネームバリュー

とかではなく

売れるモノ 売りたいモノ

の発想でも なく

あくまでも

着手在りき で成立するモノ

で なくてはならず

その方の お好みと雰囲気

そして なにより
着て行かれる場 に寄り添い

目立ち過ぎず
目立たな過ぎず

場を わきまえ

でも どなたから見られても

「素敵ね」と言って戴ける

印象と余韻 を

遠目でも 残せるキモノ

それでいて

何度でも 手に取り
着てゆきたくなる
さりげないキモノ

である と云うコト

その為には

品モノの クオリティ
仕立ての クオリティ

相手の方の立場 に立って
考えられる イマジネーション力

全てにおいて つねに

今ある 全ての力を出しきり
妥協はしない

つい先日も

お客さまより 嬉しいお声を
頂戴いたしました。

私の 着るシチュエーション
好み 必要性 手持ち を考え

おススメ戴き 選んだモノは

着やすくて 合せ易いのは
勿論なのですが

いつも どなたからも

褒められるんです。

年齢問わず

着物を 着る方からも
全く 着物を着ない方からも

「素敵ね」っと

そして なにより
自身が いつも

うふふ^m^ って思えるのが

嬉しい って。

特に そのコトについて
お話ししたことなど
無かっただけに

お客さまから そのように
仰って戴ける だなんて

嬉しい限り でございます。

これからも つねに
お客さまが 着ていて

うふふ^m^

と 思えるモノを
ご提案できる店であり続けられる よう

アンテナを 磨き続けてまいります。

小宮 たつみ 拝