「黒のカシミヤコート」

先日ご紹介した

カシミヤコート

お色違い デザイン違いが

コチラ

カシミヤコート 黒

こちらの衿は
丸衿をベースに 考えて頂き

着用後に 衿先から首に向かって
手を入れると  スッと

衿元が 立ち上がり

首回りを すっぽりと包みながら

衿の形も自然に決まって
優しい印象のコート

何故か?といった
こだわり理由につきましては

前回のブログ
ご参照くださいませね

…そういうワケで

こちらのコートも
ダブル合わせで

内ボタンは1つ

外は 衿の優しさに合わせて
くるみボタン

裏地も もちろん絹で 私のは
コート 裏地

淡いピンクにしております。

後ろ姿は
カシミヤコート 黒

このようになってございます。

コチラは いわゆる

プロトタイプでして

ラグランの袂が少し 小さめで
袖付けも少し浅め となっており

キモチ 中で 着物のお袖が
もたつきますので

皆さまには
改良した キャメルのお袖を
オススメしております

また
コチラの衿で 色はキャメル
ボタンも くるみではなく水牛に

といった 裏地の色以外での
カスタムオーダーも可能

でございますよ

製作期間は ご依頼頂いてから
約1カ月半

お気軽にご相談くださいませ

そして 本日のコートの中の着物は
小紋 千鳥格子 飛柄

お正月にも 登場しました
千鳥格子の地紋に
大小の小帽子絞りが飛んだ小紋 に

ピンクの結城紬 に合わせていた

唐花の塩瀬の名古屋帯

襦袢が 濃い緑の玩具柄
帯揚は 白汚しの青藤色大輪だし
帯締めに コーラルピンクに
白と鼠色が入った平組のモノ

を合わせて

キツイ印象に なり過ぎないように…

名古屋帯 塩瀬 唐花文様

紬ばかりが続くと
やはり 柔らかモノが

着たくなりますね

本日も 京都は

雪がチラついております

皆さまも

どうぞご自愛くださいませ

三女コト
小宮 たつみより


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén