「附下小紋 と 文箱」

朝晩の冷え込みが

まだ 残りつつも

本日も 京都は晴れ

着てきたキモノは

附下小紋 i伊勢型のきりばみ 名古屋帯 文箱

附下小紋 伊勢型短冊 に

塩瀬の染帯 文箱

本日 ご来店予定の

お客さまが 先日 

Instagramを ご覧になってて

実物を見たい! っと

仰ってくださったので

リクエストに お応えした装い

合せた小物は 

附下小紋 伊勢型短冊 名古屋帯 文箱

オリジナル帯揚げ「京小豆(きょうあずき)」と

赤紫が アクセントの 三井寺

10月にも 着ていたのですが

その時とは

帯 と 小物が違いますね~

寒くなると 濃地を合わせたくなる

んですね(笑)

前にお話しした ように

基本的には その日の朝に

着物を決めて あとは

流れ作業なモノですから

その日の 気分や 気候が

反映される のですよね(笑)

あっという間に 師走に

入りましたね~

今年は 思いのほか

日中の気温が 高めで

クリスマスコーデ の気分

ではないなぁ~

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2018 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén