「連日 外でのキモノ」

木曜日より 連日のように

店をスタッフにお願いし

空前絶後の会場 に

おりました。

脳みそが ひっくり返るくらい

感じることが多すぎて

また、言葉にするのは

何かが違う気 がして

内容について触れるのは

今回 差し控えさせていただきますが

着ていったキモノ は

初日

江戸小紋 万筋 箔ぼかし袋帯

江戸小紋 万筋 に

箔ぼかしの袋帯

2日目は

江戸小紋 行儀市松 塩瀬の染帯 分銅

緑の行儀市松 江戸小紋 に

塩瀬の分銅の帯

そして 昨日は

日中 暖かく雨の予報

でも ありましたので

木綿 久留米絣 文人絣 花織 

木綿の単衣 久留米の文人絣 に

花織の帯

気をつけたのは

「汚れを気にせず 動ける無地感」

「会場の邪魔 をしない」

です。

初日に着た

白黒の万筋 と 箔ぼかしの帯

どちらも 10年近く振り?

に着た 気がします(笑)

なんだか お江戸に居た頃を思い出し

新鮮でした(笑)

でも、きっと

お江戸に居た頃なら

この小物合わせはしていなかったハズ。

人間って面白いモノ ですね。

そして 環境が変わると

着るべきキモノも変わる

そろそろ 濃地の無地感たち を

キモノも帯も 自分用に

作らなきゃだなぁ…

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén