京都 今小路 あま宮 ブログ

「紋絽小紋 露芝」

6・9月の単衣の時期 にも

7・8月の盛夏にも着れる

紋織の絽小紋 をご紹介

ちょっとレトロ な空気感漂う

大人可愛い配色でしょ^m^

生地は

籠目文様の紋絽 を使い

地色は

生紬地の地色をイメージした

生成り色 にして

蒲葡(えびぞめ)色

藍色(あいいろ)

露芝を染めて戴きました

所々飛んでいる 露

は、金泥です

コチラの小紋は

肩山で全て一方付け

となっておりますので

露芝が全て上向き

と なります

しかしながら、

衽等の露芝の柄が

合うわけではない ので

分類的には小紋

と 思ってもらった方が

良いかも?

雰囲気的には

袷で私が着ている

雪持ち柳 みたいな空気感

になるかなぁ~

全体柄で 地色も生成りと

透け感が判りづらい為w

6・9月の単衣の時期 も

着て戴いて良いと思います

もちろん あまりにも

肌寒い日は 普通の単衣

を 着てくださいね(笑)

こういう小紋 も

なかなかパッと見

選ばれないんだろうなぁ…

着たら めちゃくちゃ

美しいのになぁ~(笑)

皆さま ちょっと

目を瞑って 瞼の裏に

妄想してみてくださいw

ねっ、素敵でしょ^m^

妄想できた方

お気軽にご連絡くださいね

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

© 2022 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén