「本場結城縮 と 花倉織」

 

本日の 京都は
快晴 26℃

湿度もなく 過ごしやすい

 

 

そんな日に 思い出して
着たのは
本場結城縮 影格子 名古屋帯 花倉織
本場結城縮 影格子 と
花倉織の帯

 

 

結城は 昔
縮が 主流だった
と 聞いて

着たくて
着たくて

 

手に入れた 本場結城縮

 

 

コチラの 格子は
よ~く見ると
格子と格子の間に
薄っすら 格子が
<織られているのですよ♪

 

 

 

軽くて とっても
着やすいのですが

湿度のある日には
正直 向かず…

 

かといって 私のは
薄色ですし 見た目にも
軽いのが わかるので

4月の 暑い日には
ちょっと 心もとない…

 

毎年 出すものの
着るチャンス なく

いっそ 袷に仕立て替えようか!?

と 思い はや数年
経っておりましたが

 

今日みたいな日 には

最高~♪ です!!

 

やっと 気づきました(笑)

 

 

 

 

合せた小物は
本場結城縮 影格子 名古屋帯 花倉織
オリジナル帯揚げ「柑子(こうじ)」と
白地に 鶸色矢羽根の
洋角組

 

襦袢は 袖単衣
肌着 裾よけは 麻

 

 

 

年々 生産反数が
減っている

本場結城縮

 

 

本場結城紬とも
また 違った

そして 他の反物では
味わえない この着心地

皆さまにも ぜひぜひ
体感して欲しい~!!

 

 

現在 店頭には
白練り色の

飛び柄絣が 一反

ございます。

 

 

気になる方は
お気軽に ご連絡くださいませ。

 

 

 

小宮 たつみ


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén