「瑠璃色 の 余呉紬」

真綿ならではの 軽くて

フッわっと 包まれる感じの

「余呉紬」

この度 の色は

「瑠璃(るり)」

余呉紬 瑠璃色 夢訪庵

草木染めとは 思えないくらい

鮮やかな

しかしながら 同時に

深みと 透明感と 優しさを

感じる 気品ある「青」

余呉紬 瑠璃色 草木染め 真綿紬

染め上がった糸の 配置を

丁寧に 緻密に計算し

並べることで 

美しい 無地紬は 成立し

着た時に 何とも云えない

豊かな表情を 魅せてくれます。

コレだけ 鮮やかな「青」なのに

合せる帯の イメージが

無数に広がるのも

草木染めならではの仕業

かもしれませんね ^m^

紅型  型染め などは 勿論

季節の染め帯 

ザックリ八寸  幾何学の帯

洒落袋  古典柄…

白地 から 黒地まで

幅広く 合せて戴ける

藍とも違う 青

同じ色は もう 二度と

出来ません。

奇跡の 一枚

お手元に いかがですか。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén