「草履の前坪が 切れた時」

お江戸出張 残り2日となった朝

移動していると 急に

前坪が へんな感じ…

草履  鼻緒 抜ける アクシデント 今小路あま宮

ヤバっ(笑) 緩まったか!?

抜けそうだ…

とりあえず 銀座まで行ければ

なんとか 乗りきれる

「頼む~ それまでもって~」

そんな 想いも虚しく…

駅に着き 歩いていると

まもなく

前坪は切れ (笑)

一歩も歩けなくなり(>_<)

さて…

時代が時代なら

通りかかった 殿方が

貸してみな!っと

恋バナでも 生まれそうな

シチュエーション ですが…

ココは 銀座のド真ん中

平成も終わろうって時代

助けてくれる殿方など

おるはずもなく(笑)

オバちゃん 独り

取り出したのは 手拭い

口にくわえ

歯で 切れ込み入れて

手で ビリぃ~

草履 アクシデント 鼻緒 修理 応急処置

壊れた前坪の 代わりに

鼻緒に 通して

草履 鼻緒 アクシデント 応急処置

後ろで縛る

草履 応急処置 アクシデント

あと 数百メートルだったので

細かい処理はせず

布端は 出たまま(笑)

お江戸時代から お世話になっている

五代目当主 の所へ

草履 鼻緒 アクシデント 応急処置

とりあえず 次の予定まで

あまり 時間もございませんし

麻紐は 既に

切れておりましたので

挿がっている 新しい草履を

挿げ調整と云う名の

ほぼほぼ 挿げ直し(^-^;

で マイサイズに

草履屋 銀座与板屋 
挿げ調整をしてくださっている 銀座与板屋 五代目当主 原さま

「銀座なら 電話くれれば行ったのに」

笑笑笑

「コレ 自分で 直したの!?」

笑笑笑

「イマドキ ここま出来る人 いないよね」

笑笑笑

なんて 突っ込まれながら

あっという間に 出来上がり♪

草履 銀座与板屋 天色ツートン

久しぶりに履く

江戸前草履の 履き心地を

楽しみながら

何事も無かったかのように

次の 目的地へ 向かったとさっ。

皆さまも キモノを着る時は

昔ながらの 端の縫っていない

手拭い

持ち歩いてくださいね~(笑)

何かと 便利ですよ(笑)

ちなみに…

今回みたいに 鼻緒が切れるのは

決して 履物屋さんが 悪いワケでは

ありません。

私の着用頻度 から考えたら

当然の結果であると 同時に

今でも 本麻紐にこだわって

作られている と云う証

でも あるのです。

そこの所 くれぐれも

誤解の無きように…

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2019 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén