「波筬絽紬 光琳流水丸文」

最近 ちょこちょこ

後ろに現れて 

気になっている方も多い ?

かと… 思われる

お品モノ のご紹介です。

絽紬 くし織 光琳流水文 今小路あま宮 別誂え 
波筬絽紬着尺 「光琳流水丸文」 今小路 あま宮 別誂

くし織の 波筬絽紬地「光琳流水丸文」 

少し生紬ぽさを残した生地 で

くし織にて よろけの絽目がはしる生地

絽紬 くし織 光琳流水丸文 今小路あま宮 別誂え 
生地アップ

はじめてコノ生地に 出逢った時

「あっ 素敵!!」

って思い またしても生地だけ押さえ

何が良いかなぁ~??っと。

広幅ですし

とっても良い生地で

素の地色も 美しいですし

使い込んで 何十年後かに

お客さまが 染替えるのを前提に

とりあえず 最初は

素の地色を楽しんで いただけて

男性でも 女性でも 使えて

薄羽織でも

長めの道中着でも

キモノでも 着られる色柄

を念頭に….

染屋さんにある型で

この生地とマッチする型…

で、出てきたのが

コチラの 「光琳流水丸文」

そして 柄色は

あまり主張しすぎず

デスが

着た時には さりげなく

デモ

ちゃんと柄がわかる色…

で、「グレージュ」

ちなみに 背中の柄イメージが

こんな感じ

絽紬 くし織 光琳流水丸文 今小路あま宮 別誂え 
背の柄イメージ

え~っしょ www

お召戴いた時の 自然光での

色柄イメージ は

生地アップの写真 が

ズバ!! です。

コレね、 柄が

ひと巾で成立しない

のが良い のですよぉ ^m^

なので 選んだ方が

キモノで着るか

羽織で着るか

道中着? キモノ衿コート?

着丈は?

男性?女性?

どんな雰囲気の方?

で ちょっとずつ柄合わせを

その方に合わせて

お仕立てする のデス。

うふふっ

考えただけで 素敵に違いない!!(笑)

生地が生地なだけに

礼装用の薄上着 としては

向きませんが

観劇などの 日常のお出かけ

には メッチャ洒落てる

と 思いません(笑)

どなたが着てくださる

のかなぁ~^m^^m^

ご連絡 おまちしております。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

2 コメント

  1. Amamiya 2020-06-22 — 投稿者

    しおしおさま
    コメントありがとうございます。
    そうですね。コメントを拝見する限りの用途では、こちらの生地ではない方が宜ししいかも知れません。
    お人によって、お立場やお仲間次第で、こちらの生地でも「アリ」なのですが…一般的ではないかも…
    紋紗の生地などで同柄でお染することは可能でございますので、宜しければinfo@amamiya-imakoji.co.jpまでご連絡くださいませ。
    お値段等はそちらでご連絡させて頂きたく存じます。

    小宮 たつみより

  2. しおしお 2020-06-18

    単衣の時期に付下以上で着用出来る道行を探しているのですが、こちらですとカジュアル過ぎますか?あと仕立代込の値段を教えて下さいませ。

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén