「お客さま別誂え 絵羽織」

とあるお客さまの為に

別誂えさせて戴いた

絵羽織 のご紹介です

素敵でしょ~~^m^

事の発端は

メールでやりとりしている時 に

実は そろそろ

夏の薄羽織 と 単衣の羽織 が

欲しくって…

気になっているのは 私が着ている

染め分け疋田松葉古伊万里文

なんですぅ。。。

と 遠慮がちに仰られたコト

そこで、薄羽織は

以前ご紹介した薄色にし

単衣羽織は その続きで着るから

気分を変えて、でも、

袷の羽織とは違う色 が良いかな?

って考えまして

もちろん、お手持ちの着物達

の色も考えて…

ご提案させて頂いた のが

コチラの濃い緑 ↓

羽織 絵羽織 古伊万里文 別誂え 今小路 あま宮 別注
ご提案した単衣羽織用 色見本

これの濃い所をイメージして~

中の色は任せて~

っと(笑)

で、出来上がったのが

先にご紹介した 上の羽織 ♪

中の色は こんな感じで

仕上がっております

私のが良いと云って下さっている

から、イメージは

大幅には変えずに 地色の緑に合わせて

少し濃いめ に調整

してもらいました。

そしたらとっても素敵で

私がきた~~い!!w

って思ったくらい 笑

先日無事

お客さまのお手元にお納めし

とっても喜んでくださいました。

でね、そこ頃ちょうど

他の地域にお住いのお客さま からも

お単衣の羽織が…

ってなって、

色々とお話しを伺っていった結果

好きな柄は あの古伊万里の柄…

ってコトになりましてね 笑

↑ナイスタイミングでしょ^m^

現在また 全く違う地色で

染め出し中 なんでございます

そろそろ上がってくるかな~

あの色も絶対素敵 なのよね~♪

たのしみだなぁ~♪

そして私も 違う柄の単衣

そろそろ作ろっかなぁ(笑)

この緑 良いわよね~^m^

なんてw 欲望果てしなくwww

日頃色々と妄想している

皆さま

まずは そんな風にざっくりと

呟いてみてくださいませね

お話ししているウチに何か

方向性が見つかるかも

知れませんよ

お気軽にご相談ください

小宮 たつみ より

追伸:お客様のご承諾を得て

掲載させていただいております


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2021 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén