「小千谷縮 憲法色無地」

他所でなら 間違いなく

売れ筋だろう 小千谷縮

の ご紹介です。(笑)

小千谷縮 手織 無地 憲法色 茶色
手織り小千谷縮 / 憲法色無地

手織りの小千谷縮 憲法(けんぽう)色無地

とぉーっても 艶のある

こっくりとした 良い茶色 ♪

なのですが 弊店では

何故か 嫁がず…

ねっ ねっ、良いお色でしょ(笑)

ひと口に 「小千谷縮」

と云っても 実は

色々ございまして…

3万円くらいから 手に入る

機械織の大量生産品 から

今回ご紹介したような

糸 染色の発色 にまでこだわって

お作りになられている

2反 or 3反ロットの手織りのモノ まで

何がどう違う? って!?

風合いも 着心地も

着用シワの感じも

お洗濯した時も

全く違います。

コッチが良くて アッチが悪い

とかって云う お話しではなく

どこに 価値観を置くか?ってコト

だと 思うのですよね。

気に入ったモノを 大切に永く

着てゆきたいのか

それとも

麻なんて消耗品よ

ファッションなんだし

数年で買い替えれば良いのよ

って云うスタンス

なのか

そこそこ もてば良い

っかなぁ~

って思うのか。

着はじめの頃の私 は

どちらかと云うと 後者

モノの良し悪しも

当然のことながら 今より

わかっておりませんでした し

着はじめで

枚数が欲しくって 値ごろなモノ

を 買いあさっておりました(笑)

ですが、 私みたいな頻度で

(当時は 24時間365日着物生活)

着用していると

あっという間に 膝は抜け

色も擦れ落ち

せっかく気に入って買ったのに

数年で 部屋着に格下げw

仕立てがダメになる前に

生地がダメになると云う(笑)

で、

どんなに値ごろ品を買っても

仕立て代入れたら 10万近く

するのだし… どうせお金を出す

のであれば 仕立て替えられるモノ

仕立て替えても着たい!って思えるモノ

って なりました。

特に こういう焦げ茶の無地

って 年齢を重ねても着たい色

ですしね、

皆さまの頻度なら

も~飽きた!!

ってくらいまで 末永く

お召戴ける と思いますよ www

また こういう茶色って

色が難しい のですよね、

そう云えば コチラを仕入れて以降

出逢えてないかも。。。デス

自然光にあたると 良い艶

が 出てくるのです。

小千谷縮 手織 無地 憲法色 茶色
生地アップ

伝わりますか?

もっとこっくり させたい時は

お襦袢を 白ではなく鼡

とかにすると良い ですよ。

昨日ご紹介した「華紋」

でも 合いますし

「夏の思い出」

でも 素敵ですよね~ ^m^

手織りの小千谷縮の良さ

に ついては

過去のブログ をご覧くださいませ。

もちろん、手織りまでいかなくても

10万円前後で 良さげ♪なモノ も

ございます。私も着ていますし

お客さまにも おススメしております

がっ、

小千谷縮の濃い色で 無地 を

いつかは~ とお思いの方 には

このクラスを おススメいたします。

残念ながら 金額に

色の深みの差

が でてまいりますので。

お気軽に お問合せくださいませ。

小宮 たつみ より


次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

© 2020 京都 今小路 あま宮 ブログ

テーマの著者 Anders Norén